結婚費用を親が援助する平均はいくら?贈与だけど非課税になる?

生活・節約///
  1. ホーム
  2. 生活・節約
  3. 結婚費用を親が援助する平均はいくら?贈与だけど非課税になる?

「大人世代」(運営者:クニ)は、子どもの結婚費用を親が援助する平均的な金額や税金上の扱いに関する記事を公開しました。

記事の背景

お子さんが結婚式を挙げるなら少しは援助してあげようと考える親御さんは多いと思います。

しかし、どの程度の援助が適当なのか分からない、あるいは援助したら贈与税かかるのではないかと心配する方もいます。

そんな親御さんに向けて、世の中の親は子どもの結婚費用をどれぐらい援助しているか、そして税金はどうなるかを説明する記事を書きました。

記事の概要

ブライダル関連の調査・研究機関による2022年の調査によると、親が子どもの結婚費用として援助する金額は、100万円未満から700~800万円まで、かなりのバラつきがありました。

全体としては、8割近い親または親族が平均180万円ほどを負担していることが分かりました。

また税金に関して言えば、ご祝儀は常識の範囲内であれば非課税であり、また贈与税には年間110万円の基礎控除もありますので、よほど高額でなければ多くの場合は非課税になります。

記事URL

https://otona-sedai.com/help-marriage-expenses/

※ 本サイトに記載された商品・サービス名は各社の商標です。