課税売上1000万円以下の個人事業主もインボイス登録の検討を!

仕事・ビジネス/
  1. ホーム
  2. 仕事・ビジネス
  3. 課税売上1000万円以下の個人事業主もインボイス登録の検討を!

「おぢぞうの雑記帳」(運営者:おぢぞう)は、インボイス登録申請に関する記事を公開しました。この記事は、課税売上1000万円以下の現在消費税が免税されている個人事業主が、インボイス制度が始まるにあたり、どう行動するべきか考えるポイントを解説しています。

記事の背景

2023年10月1日のインボイス制度のスタートを前に2023年3月31日までにインボイス(適格請求書)発行の登録申請を提出しなければなりません。現在の消費税課税事業者はなにも考えずに提出すればいいのですが、現在免税事業者になっている人にとっては、登録申請をして課税事業者になるかそれともこのまま免税事業者のままでいたほうがいいのかは悩ましいところです。

記事の概要

この記事では、インボイス制度が消費税課税事業者に与える影響を知った上で、免税事業者が今後どう行動をとっていけばいいのか考えるべきポイントを解説しています。

課税事業者になるのと免税事業者のままでいるのとどちらがいいのかを判断する上で、現在の事業の状態だけで損得を考えるのではなく、将来の事業ビジョンも視野に入れることが大切だと注意喚起しています。

関連情報・参考情報

国税庁公式HPインボイス制度公表サイト

記事URL

https://ojizou003.com/invoice/

macky22
macky22