配偶者の年収の壁は5つ!扶養は税金と社会保険の両面でチェックしましょう

生活・節約////
  1. ホーム
  2. 生活・節約
  3. 配偶者の年収の壁は5つ!扶養は税金と社会保険の両面でチェックしましょう

「大人世代」(運営者:クニ)は、配偶者が扶養の範囲内で働く際の「年数の壁」に関する記事を公開しました。

記事の背景

共働き夫婦で配偶者の扶養に入っている場合は、年収が増加するにつれて税金(所得税、住民税)や社会保険(年金保険、健康保険)の負担が増える年収のライン(年収の壁)が存在します。

このことを知らずに働いていると、収入が増加したのに期待したほど手取額が増えない、あるいは逆に減ってしまうこともあります。

そのようなことがないよう注意すべき年収の壁について説明します。

記事の概要

年収の壁は5つあります。

・住民税や所得税など税金の負担が増える年収の壁3つ:98万円、103万円、150万円

・社会保険の負担が増える年収の壁2つ:106万円、130万円

本記事では、これらの内容を説明します。

また対処方法についても簡単に説明しています。

記事URL

https://otona-sedai.com/annual-income-barriers/

※ 本サイトに記載された商品・サービス名は各社の商標です。