なぜ、老いると認知症になるのか?

雑記・日記///
  1. ホーム
  2. 雑記・日記
  3. なぜ、老いると認知症になるのか?

認知症とは?

認知症は、脳の病気や障害など様々な原因により、認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくる状態をいいます。

アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症です。

厚生労働省 みんなのメンタルヘルスより https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_recog.html

うちの母の様子

実母は昭和16年生まれで現在80歳である。

2、3年前に「アルツハイマー型認知症」と診断され、内服薬を毎日飲んでいる。

症状は悪くはなっていると思うけれど、まだまだ軽度な方だと思う。

発言はトンチンカンだし、動作もロボットみたいになってきたけれど、オムツをしてる訳でもなく介護が必要な状態ではない。

私が小6の時に父が亡くなって、母の実家で祖母と伯父との生活が始まった。

それ以来、母は外で働く人であったから、ゆっくりテレビを観れなかったという。

その反動で今では「テレビが観たい」気持ちが強くあるようで、ほっといたら岩のように座り始終テレビを観ている。

介護の仕事をしていた母は、頑なに「デイケア」等は行きたくないと言う。

意地とプライドは健在だ。

祖母と伯父が亡くなり、ひとりになった母親と、ひとりっ子である私と住むようになったのは2014年の頃だ。

(同居を了承してくれた夫に、とても感謝している)

当初は認知症の症状など出ていなかったが、やはりその時が来たか・・という感じで老いがやってきた。

働いていた頃のチャキチャキしてた母の面影は、もうない。

この人は、母にどことなく似た老人なのだ。見た目も思考も行動も、以前の母とは違う

老化って残酷なまでに人を変えるんだな。

実親と実子だからか、嫌悪感は遠慮なく湧き上がってくる。

認知症になる理由があるとすれば・・

以前、明石家さんまさんが老人の「ボケ」は死ぬことに対して怖くないよう、ボケるという話をなにかで見聞きした覚えがある。

すごく納得した。

ボケて色んなことに鈍感になっていったら、死ぬ恐怖も薄れそうな気がする。

私も、なぜ老いるとボケるのかを考えてみた。

記事URL

https://akina-secondlife.com/tsubuyaki-ninchisyo/

ゆいて
ゆいて