結婚式 乾杯挨拶 ポイントやマナー、テンプレートの紹介

仕事・ビジネス
  1. ホーム
  2. 仕事・ビジネス
  3. 結婚式 乾杯挨拶 ポイントやマナー、テンプレートの紹介

「📚Taro@投資・東海グルメ・ブログ収益化」(運営者:Taro)は、結婚式 乾杯挨拶に関する記事を公開しました。

記事の背景

結婚式の乾杯の挨拶は、新郎新婦への祝福と同時に、全てのゲストにとっても重要で印象的な瞬間です💐

しかし、頼まれた際に何を話すべきか悩む方も多いでしょう。この記事では、乾杯の挨拶の基本的なマナーや心に響く挨拶を作るためのポイントを解説し、友人/職場上司それぞれのパターンで文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください🍻

記事の概要

▪️乾杯の挨拶の流れ

乾杯の挨拶は大きく分けて以下の流れで行います。

1. 挨拶

まずは自己紹介と簡単な挨拶から始めます。
2. 新郎新婦への祝辞

新郎新婦との思い出やエピソードを交えながら祝辞を述べます。
3. 感謝の言葉

新郎新婦やゲストへの感謝の言葉を伝えます。
4. 乾杯の音頭

最後に乾杯の音頭を取ります。

▪️友人の立場でのスピーチ文例

皆さん、本日はお集まりいただきありがとうございます。 新郎の○○さんの大学自体の友人の××です。新郎の○○さんとは多くの時間を過ごしてきました。 (+α 必要に応じて具体的なエピソードを)今日という日を迎え、彼の隣に立つ素晴らしい新婦の○○さんとの結婚を心から嬉しく思います。お二人の新たな門出を祝し、これからの幸せをお祈り申し上げます。それでは皆様、ご唱和ください。乾杯!

▪️会社の上司目線でのスピーチ文例

皆様、本日はお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。 ただ今ご紹介にあずかりました、○○さんの会社の勤務先上司に当たります、××と申します。

新郎の○○君とは職場で長く一緒に働いてきました。 (+α 必要に応じて具体的なエピソードを)本日、新婦の○○さんと新たな人生を歩むことになり、心から祝福いたします。どうぞこれからの人生も笑顔と幸せに満ちたものでありますように。それでは皆様、ご唱和ください。乾杯!

▪️まとめ

結婚式の乾杯の挨拶は新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても重要な場面です。短く、心のこもった言葉で、二人の新たな門出を祝福しましょう。友人や上司としての立場での挨拶例も参考にしていただき、素晴らしい挨拶を作り上げてください。

記事URL

https://www.tarotaro1995.com/entry/2024/05/30/203239

※ 本サイトに記載された商品・サービス名は各社の商標です。